岐阜県ってこんな場所

岐阜県とは、本州の真ん中あたりに位置する県であり、滋賀県や福井、富山、長野、愛知とまわりを他県で囲まれた内陸の県です。海の無い県としても有名です。また東海地方と区分されることも多く、特に南部な愛知県の名古屋市とは密接な関係を持っています。そうして反対に北部では富山県とかかわりの深い場所もあったりもして、岐阜県というものは、複数の県を繋ぎ合わせるという重要な役割を持った県でもあるのです。

気候は内陸型のものであり、夏は暑く冬は寒いという日本の四季を肌に感じることができる場所でもあります。夏と冬ではその気温差は30度以上になることも珍しくはありません。過去においても夏季には何度か日本での最高気温を記録したこともあれば、岐阜県の北部は冬になると豪雪地帯となる場所もあります。四季に沿った生き方ができる場所でもあるのです。

また、この岐阜県は近年では観光地としても根をあげてきており、世界遺産の認定を受けた「白川郷・五箇山の合掌造り集落」を初めとして、ギネスブックにも載った世界で一番大きな美濃焼の陶茶つぼがあったり、温泉地も下呂温泉や養老温泉といった温泉などもあり、多くの人々が訪れる地となっています。

このページの先頭へ

岐阜県に住むことになったら

そんな魅力溢れる岐阜県に住まうことになったら、きっとそれはステキなことでしょう。例えば、平日は頑張ってお仕事に精を出し、休日や週末となれば温泉地や自然溢れる山々へ出かけるもよし、冬場ならばウィンタースポーツも満喫できます。また、本州の真ん中あたりに位置しているので、日本全国、どこへ行くにしても交通の便利は良い方ですし、また日々の生活の中では重要な陶器類などは伝統のある美濃焼のものを気軽に購入して使うことが出来ます。そうして、時には歴史ロマン溢れる関ケ原町などへ行ってみて日本の長い歴史に想いを馳せるもよし。世界遺産の白川へと行ってみるもよし、ちょっと名古屋まで足を伸ばしてお買い物ということだって出来ます。

どうでしょうか。こんなにも魅力に溢れ、また便利な県というものは日本全国探してもそうそうはありません。このように住むには良いメリットや魅力が多くある岐阜県に住んでみたいと考えたことはありませんか。ここでは、そんな岐阜県に住まうことをテーマにして、岐阜県の賃貸情報を中心に、色々なお話をしていきます。もし貴方が岐阜県に住む計画があるのならば、是非参考にしてみてください。きっと色々な発見があります。

このページの先頭へ